エネルギー

Alpiq、スイスの太陽光発電資産を売却:逃せないチャンス?

By Eric , on 6 7月 2024 , updated on 6 7月 2024 — ソーラーパネル - 1 minute to read
Alpiq vend ses actifs photovoltaïques suisses : Une opportunité à ne pas manquer ?
Noter cet article

Alpiq グループは最近、スイスにある太陽光発電資産の売却を発表しました。この決定は、それがもたらす可能性のある機会について疑問を引き起こします。この記事では、この売却の影響と、それがエネルギー分野のプレーヤーにもたらす可能性について分析します。

コア活動に重点を置いた戦略

Alpiq は最近、総容量 5.5 MWp のスイスにある 7 つの屋上太陽光発電施設を同社に売却することを決定しました。 PS ソーラーパネル SA。この取引は、再生可能エネルギーとエネルギー柔軟性ソリューションの統合など、中核となる活動に注力するアルピクの戦略の一環です。

再生可能エネルギーの継続的生産

スイスの緑豊かな野原で優雅に回転する風力タービン。

フリブール州、ゾロトゥルン州、ヴォー州にある関連施設は、引き続き5.6GWhの電力を生産する予定です。再生可能エネルギー PS Panneaux Solaires SA の新しい管理下で年間。この売却により、Alpiq はエネルギー プロジェクトに専念する能力を強化し、柔軟性を高め、供給要件の安全性を向上させることができます。

PS Panneaux Solaires SA にチャンス

これらの資産の購入は、PS Panneaux Solaires SA にとって重要な成長の機会となります。 ゲフィスイス・エネルギー移行基金。この買収により、Alpiq の事業をその中核戦略に合わせて調整しながら、太陽光発電の継続性が確保されます。 PS Panneaux Solaire にとって、これはスイスのエネルギー転換を支援しながら資産ポートフォリオを増やすチャンスでもあります。

容量の増加と柔軟性の課題

スイスの太陽光発電容量の急速な増加を示すグラフ。

スイスの太陽光発電容量は大幅に増加し、2023 年には約 1,500 MW に達します。この急速な成長は、特に太陽光発電の断続的な性質により、エネルギー システムへの統合という点で課題を引き起こしています。 Alpiq は、主に水力発電設備のポートフォリオを備えており、これらの課題に対処できる有利な立場にあります。

冬季プロジェクトと供給の確保

Alpiq は、冬の電力生産量を増やすことを目的としたいくつかのプロジェクトにも取り組んでいます。これらには、アルプスの太陽光発電所や新しい風力発電所の建設が含まれます。これらの取り組みは、セキュリティを強化することを目的としています。エネルギー供給 冬には、次のような利用可能なリソースの使用を最適化します。

  • アルプスの6つの太陽光発電所
  • 水力発電に関する円卓会議からの 5 つのプロジェクト
  • 3 つの新しい風力プロジェクト

これらのプロジェクトは、持続可能なエネルギーソリューションに投資し、スイスのエネルギー市場の発展において主要なプレーヤーであり続けるというアルピクの決意を示しています。

ソース: エネルギーニュース.プロ

Vous aimerez aussi :

ソーラーパネルキットでお金を節約することを考えたことはありますか?簡単にお金を貯める方法を知ろう!

この記事では、ソーラーパネルキットを使用して費用を節約する方法を検討します。経費…

良質なペレットを見分けるためのガイド

ペレットとも呼ばれる木質ペレットは、住宅を暖房するための再生可能エネルギー源とし…

世紀の太陽光発電計画: 誰もが未開発のエネルギーの宝を持っていますか?

太陽光発電の可能性はほぼ無尽蔵ですが、ほとんど活用されていません。産業施設以外に…

なぜ小売業者は駐車場に太陽光エネルギーを大量に導入することを拒否しているのでしょうか?意外な理由を発見!

流通業者は、駐車場に太陽エネルギーを大量に導入することに躊躇している。この魅力的…

Partagez cet article :
A LIRE  これらのヒントはペレットの消費量を減らすのに役立ちます

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.