6月の小葉アジサイの茎の剪定:ヒントと推奨事項

By Eric Dussotoire , on 4 7月 2024 , updated on 4 7月 2024 — アジサイ, フラワーズ, 園芸, 庭のアドバイス - 1 minute to read
La taille des tiges d'hortensias à petites feuilles en juin : conseils et recommandations
Noter cet article

ガーデニング愛好家や自然愛好家の皆さん、6月に小葉のアジサイの茎を剪定することに特別な注意を払うと、植物の成長に大きな違いが生じる可能性があることをご存知ですか?これらの素晴らしい低木の成長と開花を最適化するためのヒントと推奨事項を一緒に見つけてみましょう。

アジサイの茎を剪定することがなぜ重要なのでしょうか?

あじさいは、その見事な花姿とその美しさで大変人気のある植物です。 メンテナンスの容易さ。小さな葉を含む茎を剪定することは、次のような理由から非常に重要です。

  • 形とバランスを維持する 植物の
  • 開花の促進 そしてその品質の向上
  • の排除 死んだ部分や病気の部分 アジサイの健康を促進するために

アジサイを適切に剪定すると、美しさを保つだけでなく、長期的にアジサイを健康に保つことができます。

小さな葉を持つ茎を理解する

小さな葉を持つアジサイの茎を検査する庭師は、植物の健康への注意を示しています。

アジサイの茎に小さな葉が付いている場合は、 弱さ 植物の。多くの場合、これらの茎は勢いが弱いため、特別な注意が必要です。アジサイを定期的に監視して、衰弱の兆候をすぐに検出することが重要です。

あじさいの種類による剪定時期

剪定の時期は、庭に植えているアジサイの種類によって異なります。

  • 大輪アジサイ(アジサイ) : 剪定は通常、植生が始まる直前の3月または4月に行われます。小さな葉が付いた茎はこの時点で切り取っても構いません。
  • アジサイ(Hydrangea paniculata) : これらのアジサイは冬の終わりか春の初めに剪定されます。したがって、この時期には葉の小さな茎をカットすることが望ましいです。
  • つるアジサイ(Hydrangea petiolaris) : 剪定は必須ではありませんが、葉が小さい茎を取り除く場合は花後、一般的に6月から8月の間に行います。

6月の具体的な推奨事項

病気の兆候がないか植物の葉を調べる手。

6月には、一般的な剪定がすでに行われている場合、小さな葉を持つ茎のほとんどの特別な剪定は必要ありません。ただし、異常な発達に気付いた場合は、介入が必要になる場合があります。追加のヒントをいくつか紹介します。

  • 茎に病気や害虫の兆候がないか監視します
  • 疑問がある場合は、専門家に相談して適切な措置を決定してください
  • 特に干ばつの時期には、アジサイに定期的に水を与えましょう

比較表

あじさいの種類 剪定時期
ガクアジサイ 3月か4月
アジサイ 冬の終わりか春の初め
アジサイ・ペティオラリス 開花後は6月から8月にかけて

Vous aimerez aussi :

メキシコの火鉢の使い方は?

なぜ薪は煙を発するのでしょうか? – 煙が多い: 薪の品質が低いか (湿度レベル…

芝刈り機の水抜き: ゴルフコース品質の芝生の鍵?

芝刈り機の水抜きの重要性 芝刈り機の適切な機能を確保し、寿命を延ばすには、芝刈り…

コーヒーかすを使ってラズベリーの木の成長を本当に促進できるのでしょうか?答えはここで見つけてください!

コーヒーかすを使ってラズベリーの木の成長を促進しましょう!本当にできるでしょうか…

あなたの庭で育てるべき忌避植物は何ですか?

あなたの庭の自然の味方を見つけてください!昆虫を寄せ付けず、環境に優しい方法で緑…

Partagez cet article :
A LIRE  挿し木:記録的な速さで緑豊かな庭園への鍵?

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.