Non classé

飲料水パイプの凍結を防ぐ: 理想的な敷設深さを決定するにはどうすればよいですか?

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 4 7月 2024 - 1 minute to read
canalisation eau
Noter cet article
ますます厳しさを増す冬に直面して、凍結とそれによって生じる問題を避けるために、飲料水パイプを埋設する必要がある最小の深さを知ることが重要です。この記事では、フランスの飲料水パイプの凍結防止深さを決定する方法と、土壌の種類とパイプの位置に応じてどのような基準を遵守する必要があるかを説明します。

霜の深さを理解する


そこには 霜の深さ 水道管の凍結を防ぐために埋設する深さのことです。フランスでは、この最小深さは地域​​や土壌の種類によって異なりますが、一般的には 60 ~ 90 cm です。規格 P18-326 は、標高 150 m 未満の無霜深度がゾーン 1 で 50 cm、ゾーン 2 で 80 cm、ゾーン 3 で 1 m であることを示しています。

さまざまな土壌タイプに対する考慮事項


飲料水パイプを設置するときは、土壌の種類を考慮することが重要です。砂や砂利でできた土壌には、石灰岩やレンガでできた土壌よりも弱点が顕著にあります。土地の事前調査により、凍結の危険を回避するために土壌の特性を基準と比較することができます。この状況では、より強固な基礎を確保するには強固な地盤が必要です。

凍結防止深さの要件を遵守しないことに関連するリスク


霜の深さに関する規則を遵守しないと、重大なリスクが生じる可能性があります。十分に深く埋められていない飲料水パイプは危険にさらされています 深刻な冷害 そして悪天候。さらに、パイプが浅く埋設されていると、パイプの周囲の地面に食い込むげっ歯類やその他の動物に対して脆弱になる可能性があります。漏れたり破損したりすると、さまざまな問題が発生する可能性があります。

パイプに必要な最小深さを決定する


パイプに必要な最小深さを決定するには、パイプの構造に使用される材料の種類 (PVC またはスチール)、パイプの幅、長さ、直径など、パイプに関連する特定の要素を評価する必要があります。また、高度とネットワークの場所の特定の条件 (個人の家または集合建物、溝または屋外プール) を考慮する必要もあります。これらの要素に従って最小レベルを計算する必要があります。

寒さによるパイプの損傷を防ぐ実用的な方法


寒さや悪天候によるパイプの影響を防ぐために最初に実行すべきことは、耐霜性材料を使用することです。塩ビ管は、飲料水管を十分に深く安全に埋設すれば破損することがないため、最も適しています。優れた断熱性も不可欠です。特殊なコーティングを使用してパイプを凍結から保護し、耐久性を向上させることができます。

無霜深さを尊重する利点


霜のない深さに関する規則の遵守にはさまざまな利点があります。まず、霜による漏れや破裂に関連するリスクが軽減されます。第二に、飲料水供給パイプは全体的な性能を最適化するのに十分な深さに埋設されているため、耐久性が大幅に向上します。最後に、飲料水供給システムを適切に管理すれば、数年間は問題なく使用できます。

Vous aimerez aussi :

セントラル空調システム: 便利なものをすべて発見!

家の空調を行うために、所有者はいくつかの種類の機器を使用できます。セントラルエア…

タオル乾燥機のコンセントはどこに設置する?

あなたは自分自身に問いかけます タオル乾燥機のコンセントをどこに設置するか ?そ…

野菜畑を見つけるための究極のガイド

庭を効率的かつ美しく育てるために、多くの人が 菜園広場。これらの構造により、野菜…

Partagez cet article :
A LIRE  タオル乾燥機をどこに設置すればよいですか?

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.