産卵鶏の食事の最適化: 与えるべき主な食べ物と避けるべき主な食べ物

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 20 2月 2024 — 鶏舎 - 0 minute to read
poules rousses
Noter cet article

の繁殖により、 家の鶏 鶏小屋が街に戻ってくると、鶏の健康を維持するために鶏に十分な餌を与えることがこれまで以上に重要になります。しかし、鶏の多くの栄養ニーズに合わせた食事をどのように与えるのでしょうか?この記事では、鶏に与えるべきさまざまな種類の食べ物と避けるべき食べ物、そして鶏の健康と幸福を確保するための実践的なアドバイスを発見します。

鶏にはどんな餌を与えればいいのでしょうか?

産卵鶏は非常に要求の厳しい動物であり、その栄養ニーズを理解することが重要です。適切な食事を与えるためには、家禽に与える飼料の種類と量を理解することも必要です。

鶏に与える主な餌

鶏に与える主な餌は種子、健康のために特別に開発された混合物、飼料です。ザ 種子 タンパク質やカルシウムが豊富で、これらの栄養素は卵の生産に不可欠です。鶏肉専用のミックスや、小麦、米、トウモロコシなどのカルシウムが豊富なシリアルを使用することをお勧めします。産卵用ミックスは、毎日のニーズに合わせた栄養バランスを提供し、タンパク質とカルシウムの重要な供給源です。

飼料は、鶏にさまざまな餌を与えるのにも非常に役立ちます。野草は、鶏が健康を維持するために必要なビタミン、ミネラル、その他の微量栄養素の優れた供給源です。たとえば、ブタクサは、鶏がより強くなり、病気になりにくくするために使用できるさまざまな栄養素を提供します。さらに、この庭園には、お住まいの地域で見つかるミミズ、昆虫、果物や野菜などの自然食品の優れた供給源もあります。

鶏に必要な栄養と推奨量

鶏が良好な健康レベルを維持し、一貫した卵の生産を維持するには、タンパク質 12 ~ 16%、脂肪 5 ~ 6%、カルシウム 2 ~ 3% の飼料が必要です。苗床や特殊な鶏の飼料によって提供されるような大量の産卵用混合物は、これらの栄養ニーズを満たします。量に関しては、鶏 1 羽あたり 1 日あたり約 1 オンス (30 グラム) の飼料を与えることが推奨されます。また、家禽の水分需要を満たすために、定期的に新鮮な水を家禽に提供する必要があります。

自然食品を食事に取り入れる

自然食品を食事に加えることは、産卵鶏の健康に非常に有益です。果物、野菜、ミミズや昆虫などの動物性タンパク質を与えてください。家禽の卵の殻、ふすま、生の種子、さらにはカキパウダーなどの栄養補助食品を与えて、食事にカルシウムを加えることもできます。

穀物を食べる鶏

食品廃棄物を家禽の飼料の補充に利用する

食品廃棄物は鶏の餌を補うのに最適な選択肢です。皮や皮などの残りの果物や野菜には、健康と免疫力の維持に役立つビタミンやミネラルが非常に豊富に含まれています。家禽に追加のタンパク質を供給するために、パン、米、さらにはピーナッツを与えることもできます。

季節に応じて食事を変える

鶏の栄養ニーズは季節によって変化するため、それに応じて食事を適応させることが重要です。たとえば、冬の家禽の食事に干し草や乾燥干し草などの追加の飼料を追加して、追加のエネルギー源を提供し、体温を暖かく保つことができます。オレンジやリンゴなどの果物は、冬の鶏にとってビタミンと繊維の優れた供給源にもなります。夏の間は、カキ殻やその他のカルシウムが豊富な栄養補助食品の形で追加のカルシウム源が必要になります。

鶏の餌やりについて覚えておくべきこと

家禽に適切な餌を与えることが、家禽の健康を確保する鍵となります。この情報は、子どもの健康と幸福のために適切な食品を選択するのに非常に役立ちます。鶏に与える主な餌は、種子、鶏専用の混合物、飼料です。良い食事には、季節に応じた特定の自然食品、食品廃棄物、カルシウムが豊富な栄養補助食品も含まれます。水がいつでも利用できるようにする必要があることに注意してください。以下のヒントに従ってください。 鶏舎 幸せで健康でいてください!

Partagez cet article :

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.