庭:専門家に頼む必要はありますか?

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 4 7月 2024 - 0 minute to read
slide jardin
Noter cet article
家の庭はそれ自体が生活空間です。そこでは、愛する人たちと美しい日々ととてもフレンドリーなひとときを過ごします。ただし、特に低木、植物、ゲーム、または果樹がある場合、そのメンテナンスは非常に複雑です。芝生は 2 週間ごとに刈る必要があり、専門家に芝生の手入れを依頼したほうが良いのではないかと考えています。答えは主に、この分野で何を達成するかによって決まります。

プロの造園家が庭を再構成します


庭ですべてを作成する必要があり、あまり美的ではなく、どこから始めればよいかわからない場合は、造園業者に依頼することを強くお勧めします。空間を評価し、その空間で何が生み出されるのか、あるいはそうでないのかを知ることができるのは、最も優れています。彼の仕事は、各コーナーが最適化されるように屋外スペースを指定することです。したがって、彼は機能的で魅力的な空間を作成することができます。

造園業者は樹木や植物の知識が豊富ですので、地域に応じて植える花についてアドバイスをいたします。

庭を生垣や低木で囲みたい場合は、造園業者に依頼することをお勧めします。いくつかの種は互いに隣り合って健全に保つことができず、逆に、他の種と一緒にいた方がよりよく成長するものもあります。たとえば、近くにシャクナゲがあるとよく成長するベリー類がこれに当てはまります。

庭のメンテナンスは誰に依頼すればいいですか?


小さな草しかない場合は、自分で刈りたくない場合を除き、専門家を雇う必要はありません。芝刈り機や必要なメンテナンス機器はすでにお持ちですか?地元の子供に世話を頼むだけで済みます。本物のランドスケープアーキテクトに比べて、彼にお小遣いを与えることができ、あなたもお金を節約できるでしょう。設備がない場合は、庭の手入れをしてくれる本物の庭師に電話する必要があります。

年に一度は専門家に依頼する必要がある


メンテナンスに関してすべてを自分で行う場合でも、晴れた日が来る直前に専門家に電話することを強くお勧めします。確かに、庭師は、どの製品とどの肥料で土壌を養うべきかを知るスキルを持っています。晴れた日に緑の芝生を得る唯一の方法です。庭師は最終的には、冬の間に溜まった落ち葉や廃棄物の山を取り除くことができるでしょう。

高い生垣を刈る必要がある場合は、庭師に依頼することをお勧めします。第一に、はしごに登る必要がなくなるため、第二に、生垣を傷つけずにどのくらいの高さで刈ればよいかを正確に知ることができるからです。確かに、短くしすぎたり、間違った場所で切ったりすると、植物が枯れてしまう可能性があります。

専門家に電話したくない場合


庭のレイアウトについてアドバイスが必要だが、人に関わりたくない場合は、いつでも園芸センターにアドバイスを求めることができます。彼らはプロの売り手なので、特に育てやすい品種や庭の全体的なメンテナンスについてもアドバイスをくれます。さらに、必要な設備や挿し木や低木も購入できます。

ただし、景観の専門家のスキルに勝るものはないことに注意してください。後者は土壌を分析し、土壌が豊かで石灰質であるかどうかを調べ、それに応じて植物や果樹を推奨します。ただし、これは造園業者があなたの敷地を訪問する場合にのみ可能です。まずは庭を見ずに診断を下すことは不可能です。したがって、外部の会社に依頼することは、スペースの一般的なオーバーホールや年次メンテナンスの場合には良い解決策ですが、単に必要な場合にはその必要はありません。 芝生を刈る そして花に水をあげましょう。

Vous aimerez aussi :

パリの素晴らしい日本庭園を発見!

パリの日本庭園の独特の調和を満喫してください。それぞれの植物、それぞれの石、それ…

挿し木:素晴らしい植物を育てる秘密の方法!

緑豊かな庭園を夢見ていますが、どこから始めればよいかわかりませんか?あなたは正し…

6 つのステップで菜園を最適化し、豊かな収穫を実現します

適切なアドバイスと少しの専門知識があれば、あなたの菜園は豊かな収穫の真の宝庫にな…

熱波の際に家庭菜園にいつ水やりをするべきか: 優れた実践のための実践的なガイド

夏の猛暑が到来すると、植物を最大限に保つために、菜園にいつどのように水をやるかを…

Partagez cet article :
A LIRE  夏休み中の庭の水やりを最適化する 3 つのヒント

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.