エネルギー

太陽のエネルギーを利用して涼しさを保つにはどうすればよいでしょうか?

By Eric , on 6 7月 2024 , updated on 6 7月 2024 — ソーラーパネル - 1 minute to read
Comment rester au frais en exploitant l'énergie du soleil ?
Noter cet article

気温が上昇し、太陽が明るく輝くと、電気代を増やさずに涼しく過ごすことが難しい場合があります。しかし、太陽エネルギーを利用して室内を快適な温度に維持する、独創的で環境に優しい方法があります。太陽の光を利用して快適に涼しく過ごす方法を一緒に考えてみましょう。

都市における猛暑の課題

夏の灼熱の気温は、特に密集した建物や舗装された表面に熱がこもりやすい都市部で一般的になりつつあります。温度計がそれを超えると、 摂氏30度 (華氏 86 度)、特に高齢者や病人にとって深刻な危険をもたらす可能性があります。

従来の冷却戦略

日中はカーテンを閉め、夜は窓を開けて自然冷却します。

暑さに対抗するために、多くの人は日中はカーテンを閉めて太陽光を遮断し、涼しい夜間には換気をします。しかし、多くの人が依存しているのは、 エネルギーを大量に消費するエアコン 室内の温度を下げるため。

太陽エネルギーを利用して涼しさを保つ

幸いなことに、太陽自体が私たちを涼しく保つのに役立ちます。 L’太陽光エネルギー 高温時にエアコンを経済的に運転するために必要な大量の電力を生成するのに最適です。

家を冷やすのにソーラーパネルは何枚必要ですか?

家の冷却システムに電力を供給するソーラー パネルを備えた太陽の光が当たる屋上。

必要なソーラーパネルの数は状況によって異なります。エネルギー効率 冷却システムと日照時間。たとえば、約 40 平方メートルの断熱性の高いアパートの場合、消費電力が 1,000 ワット未満の小型エアコン ユニットで十分な場合があります。標準的な 2 平方メートルのソーラー パネルは、直射日光で最大 400 ワットの電力を生成できます。

通常、小さなアパートの場合、エアコン ユニットに電力を供給するには 3 ~ 4 枚のソーラー パネルで十分です。

太陽光発電の設置費用

パネルの価格は 太陽 は大幅に減少し、現在では 2005 年の 10 分の 1 にすぎません。都市では、屋根やバルコニーに設置されることがよくあります。

  • バルコニー発電所 パネル 4 枚 (1,600 ワット) の価格はヨーロッパでは約 1,000 ユーロで、小型の空調システムには十分かもしれません。
  • 25 枚のパネル (10,000 ワット) を備えた大型の屋根システムの価格は、13,000 ユーロから 18,000 ユーロです。

利回りと収益性

太陽の光が表面から輝いている状態で、ソーラーパネルの角度を手動で調整します。

真昼の太陽に面した 400 ワットのソーラー パネルは、年間約 400 ~ 800 キロワット時を発電します。耐用年数が 30 年の太陽光発電のコストは 1 キロワット時あたり 10 ユーロセント未満であり、一般に送電網からの電力よりも経済的です。

夜間や停電時の使用

夜間の気温が低いと、多くの場合、冷却システムの必要性が減ります。ただし、夜間に太陽光エネルギーを利用したい場合は、1単位 バッテリー 必要です。現在、ドイツでは、屋根パネル用の 5 ~ 10 kWh バッテリーのコストは、設置費を含めて 3,000 ユーロから 8,000 ユーロです。

通常、送電網に供給される太陽エネルギーは、少なくとも 1,000 ユーロの費用がかかる特別な制御システムを追加しない限り、停電を防ぐことができないことに注意してください。

ソース: www.dw.com

Vous aimerez aussi :

2024 年に自宅にソーラー パネルを設置して数千ユーロを節約したらどうなるでしょうか?方法を見つけます!

2024 年に自宅にソーラー パネルを設置して、大幅な節約を計画していますか?こ…

2023 年 7 月の Var のペレット価格: 絶えず進化する市場

ウクライナ戦争がペレットの価格に与えた影響 ウクライナ戦争と電気料金の高騰を受け…

慣性核融合は新たな歴史的マイルストーンに到達:運動エネルギー革命

慣性核融合は新たな歴史的マイルストーンに到達:運動エネルギー革命 持続可能で強力…

Partagez cet article :
A LIRE  Simplyfeu ペレット: 木材暖房のための効率的なソリューション

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.