冬に木の剪定をするときに、こんなよくある間違いをしていませんか?

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 20 2月 2024 - 1 minute to read
Noter cet article

冬の剪定に関するよくある誤解



冬の真っ只中に、眠っている庭が白い雪で覆われているとき、多くの庭師は、アマチュアでも経験者でも、剪定鋏を取り出すのを躊躇します。樹木栽培やブドウ栽培では一般的に行われている冬の剪定ですが、植物の健康や成長の質に害を及ぼす可能性があるという誤解が広まっています。この記事は、これらの先入観を解き明かし、この繊細な操作に正確な光を当てることを目的としています。

冬は完全に活動しないという神話



冬の間はすべての自然が休止状態であると一般的に受け入れられており、この期間中は植物がいかなる介入も受けないことを暗示しています。しかし、たとえ減速が顕著であっても、特に根レベルでは生物学的活動は継続します。したがって、冬の剪定が正しく行われれば、枯れ木や病気の木を取り除くことで春の成長を促進できますが、植物の蓄えを不必要に使い果たさないように、洞察力を持って実行する必要があります。

– **活発な根**:植物の根は地上部とは異なり、冬の間でもわずかに成長し続けます。
– **エネルギーの蓄え**: 植物は次の季節に備えてエネルギーを蓄えます。過度に剪定すると、これらの重要な蓄えが損なわれる可能性があります。

剪定後の霜が怖い



もう一つの知識不足は、以下のリスクに関するものです。 植物の凍結 最近剪定したもの。確かに、切り取った植物は寒さに弱いかもしれませんが、実際には、冬の間に適切な時期に剪定を行えば、寒さによる被害を最小限に抑えることができます。剪定傷への寒さの攻撃を避けるために、樹液の流れが始まる直前の冬の終わりに剪定することをお勧めします。

– **適切な時期を選択してください**: 霜の危険を最小限に抑えるために、冬の終わりに剪定します。
– **切り傷の保護**: 切り傷が治癒するまで保護する方法が存在します (治癒パテ)。

メンテナンスの規模とトレーニングの規模の混同



樹木や植物の構造に通気を与えて維持することを目的とした維持剪定と、特定の形状を与えたり、植物を深く再構築したりすることを目的とした、より厳しいことが多い訓練剪定とを区別する必要があります。それぞれの種類の剪定には、それぞれの特徴と推奨される時期があります。冬に不適切に剪定すると大きな被害を引き起こす可能性があります。

– **維持剪定**: 特定の植物については冬に軽い方法で行うことができます。
– **トレーニング剪定**: 多くの場合、冬の終わりか春の初めに予約されます。

冬剪定は不要です



最後の先入観は、冬の剪定は役に立たないというものです。実際には、この時期は、葉のない木や低木の構造がよく見えるため、特定の剪定作業には理想的です。さらに、多くの病原菌は寒い気候では活性が低下するため、冬の剪定は病気の伝播のリスクを軽減します。

– **良好な視認性**: 木がむき出しになっているため、効果的な剪定のための構造をよりよく理解できます。
– **病気のリスクの軽減**: 冬には特定の病気の伝播が遅くなります。

つまり、冬の剪定は無視したり恐れたりするのではなく、それぞれの植物の状態を理解して慎重に実行する必要があります。十分な情報に基づいたアプローチと適切な技術により、植物が適切に発育し、春が来ると生命力に満ち溢れた庭が保証されます。

寒い季節に間違ったカットをした場合の影響

冬が到来すると、木々は、 低木と植物 休眠期間に入ります。したがって、多くの庭師は寒い季節を利用して植物を剪定します。ただし、この時期の不適切な剪定は有害であり、植物の健康と成長に悪影響を与える可能性があります。冬の剪定が不十分な場合の影響と、採用すべきベストプラクティスを詳しく見てみましょう。

ガーデニングでは冬の剪定は一般的ですが、デリケートな作業です。これは、開花を促進したり、望ましい形や美しさを維持したりするために、次の成長期に向けて植物を準備することを目的としています。しかし、冬の間に不適切な刈り取りを行うと、植物の発育が妨げられ、病気が発生したり、場合によっては植物の枯死を引き起こす可能性があります。したがって、寒い季節に間違った切断をした場合の影響を理解し、それを回避することが重要です。

植物にとってのストレス

不適切に剪定を行うと、植物に大きなストレスを与える可能性があります。冬には植物は栄養休息に入り、そのため防御システムの活動が低下します。過度のトリミングや不適切なトリミングは、虫の攻撃や病気に対して特に脆弱になる可能性があります。介入は必要なものに限定し、植物の自然な形を尊重することが重要です。

霜の危険性

不適切な切断は、新鮮な木材や新しい挿し木を冬の極度の寒さにさらし、植物組織の凍結を引き起こす可能性があります。この現象は樹液通路を損傷し、春の枝への適切な栄養供給を妨げ、その結果、枝の成長を遅らせたり、壊死を引き起こしたりする可能性があります。

成長の阻害

不適切な剪定は、植物の自然な成長サイクルを乱す可能性もあります。あまりにも多くのつぼみを取り除いたり、間違った時期に切ったりすると、将来の開花や結実が損なわれる可能性があります。したがって、植物に害を及ぼさないように、剪定はよく考えて正確に実行する必要があります。

精力の低下

不適切な挿し木により、植物の活力が深刻な影響を受ける可能性があります。植物材料を取り除きすぎると、植物が回復して次のシーズンに再開することが困難になります。これにより、耐用年数や過酷な気象条件に対する耐性も低下する可能性があります。

適切な冬の剪定のための実践的なヒント

  • 植物について知る: それぞれの種や品種に特有のニーズを考慮してください。
  • 適切で消毒されたツール: 損傷を最小限に抑えるために、常に鋭利で清潔な工具を使用してください。
  • 良い期間: 剪定は休眠中に行いますが、霜が降りる時期は避けてください。
  • 方法 : 外側に向いた芽のすぐ上の角度でトリミングするなど、適切なトリミング技術に従ってください。
  • 注意 : 植物を弱らせないように、植物の総体積の15〜20%を超えて取り除かないでください。

寒い季節に植物を剪定するには、細部にわたる注意と植物に関する十分な知識が必要です。間違った切り方をすると、植物の衰弱から損失に至るまで、深刻な影響が及ぶ可能性があります。したがって、時間をかけて知識を学び、材料を適切に準備し、実証済みの技術に従って、植物が毎年健康で繁栄するようにしてください。

Partagez cet article :

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.