傷んだ芝生を再舗装芝生で再舗装するにはどうすればよいですか?

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 4 7月 2024 - 1 minute to read
regarnir gazon
Noter cet article
芝生は時間の経過とともに多くのダメージを受け、美しい外観が損なわれます。では、再び緑の芝生を手に入れる最善の方法は何でしょうか?このような状況に直面した場合は、積極的に芝生を補充して芝生に輝きを取り戻すことを選択する必要があります。最も難しいのは、ニーズを満たす適切なタイプの再舗装芝生を特定することです。この記事では、このタイプの芝生の主な特徴と、傷んだ芝生をうまく覆う方法を説明します。

傷んだ芝生の再舗装とは何ですか?


再播種は、芝生の品質を向上させるための簡単でコスト効率の高い方法です。これには、古くて傷んだ芝生を新しい芝生と交換するなど、いくつかの簡単な操作が含まれます。一般的には、踏みつけや乾燥に耐性があり、均一な表面を形成するために急速に成長する品種である再表面芝生で作られています。再播種は、完全な交換に必要な時間と費用を削減しながら、芝生の品質を維持するのに役立ちます。

リライニングのメリットとデメリット


再播種の主な利点は、土壌を耕したり、新たに播種する場合ほどの労力を費やす必要がないこと、追加の手順(損傷した芝生の除去)を行う必要がないこと、多額の投資をせずに芝生の品質を改善できる可能性があることです。 。主な欠点は、最適な効果が得られるまでに数週間かかる場合があることです。
草地

良い結果を得るには、どのような寄付を選択すればよいでしょうか?


適切な種類の芝生の選択は、気候と地域の状況に大きく依存します。暴露の種類(日光/日陰)、土壌水分、化学組成を考慮する必要があります。ご予算に応じて、ハイブリッド品種または在来種を使用した品種をお選びいただけます。牧草1キロの価格は5ユーロから10ユーロの間で変動します。

草を正しく蒔く方法は?


良好な播種結果を得るには、土地の適切な準備が不可欠です。まず、平らで均質な表面を得るために、レーキで土を圧縮する必要があります。次に、スチームローラーや爪を使って小さな石やその他の固体を粉砕する必要がありますが、熟練した手でもうまく仕上げることができます。土の準備ができたら、実際の播種に進む必要があります。成長する穀粒の間の空間だけでなく芝生を密にしたい場合は、1cm2 あたり 1 グラムで十分です。

均一な結果を得るには、熊手を使用して補充草をよく分配してください。播種が完了したら、芝生に十分に水をやり、その後数日間は定期的に水を与え続けます。庭の肥料を週に一度与えます。草が根付いたら、必要に応じて草刈りを開始できます。

新しい芝生に張り替える代わりに何ができるでしょうか?


ある芝生を別の芝生に置き換えることは、特にプロのような結果を達成したい場合には、より困難で高価な解決策です。しかし、適切な混合物を混ぜるために、鉢植えの土と堆肥で土壌を覆ったり、古い芝生を耕して覆うなどの代替方法もあります。これらの方法は時間がかかり、より多くの労力を必要とするため、使用されることが少なくなります。

なぜリライニングが良い解決策なのでしょうか?


リソディングは、予算に影響を与えることなく、傷んだ芝生の品質を改善する効果的な解決策です。プロセスは非常に簡単で、少しのノウハウがあれば誰でも実行できます。に関しては注意が必要です 選択された草の種類 そして種を蒔く季節にも。最良の結果を得るには、定期的な水やりと肥料の散布も不可欠です。

この作業を成功させるために重要な情報が手元にあることを願っています。


Vous aimerez aussi :

ガーデニングのヒント: 来年美しい花を咲かせるために植物を剪定する方法

素晴らしいガーデニングの世界において、植物の剪定は開花を促進し、緑地を美しくする…

夏の水やりに備えて水回りの準備はできていますか?

夏が近づき、晴れた日が庭に花を咲かせます。夏の水やりに備えて水回りの準備を考えた…

どのような種類の庭を作ることができますか?

庭づくりに乗り出すと、大掛かりなプロジェクトのように思えることがあります。英国式…

トマトの黄葉を効果的に処理するためのヒント

家庭菜園の中心にあるトマトは庭の宝石です。しかし今、黄色の葉はその輝きを鈍らせ、…

Partagez cet article :
A LIRE  熱波の際に家庭菜園にいつ水やりをするべきか: 優れた実践のための実践的なガイド

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.