ベリーの低木: 世話をするのに最適な時期ですので、活用しましょう。

By Eric Dussotoire , on 9 4月 2024 , updated on 9 4月 2024 - 0 minute to read
arbustes à baies
Noter cet article

春の到来は自然の目覚めを告げるものであり、庭師が庭に必要な手入れをするよう促す合図でもあります。実行すべきタスクの中には、 ベリーの茂みの掃除 は不可欠です。豊かな庭と豊かな収穫を維持するには、適切な剪定と低木の定期的なメンテナンスが不可欠です。

低木の生命力を維持するための剪定の重要性を理解する

果樹と同様に、ベリーの茂みもその活力と結実の可能性を維持するために定期的な剪定が必要です。

実際、適切な剪定を行わないと、葉が密集しすぎて、果実の品質と量の低下につながる可能性があります。

この手入れによって、低木の若さと強さを保つこともできます。

アカスグリでもブラックカラントでも、品種ごとに結実サイクルが異なるため、適応した剪定技術が必要です。

春の大掃除の適切な時期を見極める

剪定に適した時期 ベリーの茂み 枝の生産寿命によって異なります。

たとえば、カシスの枝は一般に生後 4 年後に切り戻す必要がありますが、グーズベリーの枝は最長 5 年間は実りを維持できます。

カッシアの木の枝は10年ほど実を結びます。したがって、春は低木の状態を評価し、剪定を進めるのに理想的な時期です。

低木の有益な剪定の手順

  • 検査: 始める前に、低木の全体的な状態を検査し、枯れた枝、病気の枝、または損傷した枝を見つけます。
  • カット : 病気の蔓延を防ぐために、適切な消毒されたツールを使用してこれらの枝を除去します。
  • 換気: 交差する枝を剪定して、低木内の空気循環を良くし、日光にさらすようにします。
  • 刺激: 古い枝をいくつか切り落とすことで、より実りの多い新しい芽の成長が促進されます。

種類に応じてサイズの種類に特に注意することが重要です。あ 春の大掃除 適切に実施すれば、低木の最適な発育と、これからの季節に向けた豊富な収穫が保証されます。

低木を持続的に維持するための簡単なアクション

果実の発育のために、特に乾燥期には定期的な水やりを確保します。

剪定以外にも、ベリーの茂みの世話をするために次のようなアクションを実行できます。

  • 瓦礫や雑草を取り除き、低木の根元の地面をきれいにします。
  • 有機堆肥や天然マルチで土壌を豊かにし、土壌の構造と肥沃度を改善します。
  • 果実の発育を良好にするために、特に干ばつの時期には定期的に水やりを行ってください。

これらのヒントに従うことで、 ベリーの茂みの大規模な春の大掃除、あなたの庭に一年中繁栄する最高のチャンスを与えます。低木の健康を維持することは、緑地の美しさと味わうことのできる果実の品質を保証することも意味します。

Partagez cet article :

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.