Non classé

ピカルディでのペレットの生産: 70,000 戸の住宅を暖房する有望な民間市場。

By Eric Dussotoire , on 20 2月 2024 , updated on 20 2月 2024 - 1 minute to read
Noter cet article

オー・ド・フランスにおけるペレット生産の増加

の地域 フランスのトップス は、木質ペレットの生産開発を目的とした野心的なプロジェクトの実施のおかげで、真のエネルギー革命を経験しようとしています。この分野の大手であるピカルディー造粒会社は、毎年生産する予定です。 民間市場向けのペレット10万トンこれにより、環境に優しく経済的な方法で 70,000 世帯の暖房が可能になります。

エネルギー効率を高めるための民間市場の選択

Picardie Granulation は民間市場に焦点を当てることで、汚染や高価な暖房方法に頼ることが多い個人のエネルギー効率の向上に大きな影響を与えたいと考えています。木質ペレットは、環境への影響を懸念し、エネルギーを節約したいと考えている家庭にとって、興味深い代替品です。

再生可能エネルギー源

  • ペレットはから作られています 地元の森からの針葉樹、責任ある持続可能な調達を保証します。
  • ペレットの燃焼を考慮 CO2排出量に関しては中立燃焼中に放出された二酸化炭素は、木が成長するにつれて再吸収されるためです。
  • ペレットの使用により依存性が軽減されます。 化石燃料、したがって、地球温暖化との戦いと天然資源の保護に貢献します。

経済的な暖房方法

  • 木質ペレットの一般的な価格は、 より安定した ガス、電気、重油などの従来の燃料よりも優れています。
  • ペレットが提供するのは、 優れたエネルギー効率 他のほとんどの熱源と比べて、光熱費を大幅に節約できます。
  • ペレットボイラーやペレットストーブは、 取り付けが簡単 各家庭の特定のニーズに合わせて調整できます。

環境に優しく支援的な分野のための地元生産

Picardie Granulation は、ペレット生産活動を発展させるために近接性に依存しています。原材料は独占的に調達されます 持続可能な方法で管理された森林 オー・ド・フランス地域に位置します。この地域的なアプローチにより、材料の輸送に関連する二酸化炭素排出量を最小限に抑えながら、地元の利害関係者に利益をもたらす経済的および環境保護部門を発展させることが可能になります。

ペレット加熱: 将来のソリューション

多くの専門家は次のように考えています。 木質ペレットをベースにした暖房には大きな可能性がある エネルギーの節約と温室効果ガスの排出削減の観点から。 Picardie Granulation は、地元生産に焦点を当て、民間市場をターゲットにすることで、個人向けの持続可能で効率的な暖房方法の開発に積極的に貢献しています。結論として、ピカルディ造粒イニシアチブは、オー ド フランス地域におけるより環境に優しい暖房に向けた重要な一歩であることは明らかです。民間市場向けに毎年10万トンのペレットを生産することで、同社は7万世帯のエネルギーバランスを改善し、従来の暖房方法に代わる再生可能で効率的かつ競争力のある代替手段を提供することになる。

Partagez cet article :

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.