エネルギー

ソーラーパネルを備えた屋根は雷の影響を受けやすくなりますか?答えはブログで見つけてください!

By Eric , on 4 7月 2024 , updated on 4 7月 2024 — ソーラーパネル - 1 minute to read
Les toits équipés de panneaux solaires sont-ils plus attractifs pour la foudre ? Découvrez la réponse sur notre blog !
Noter cet article

ソーラーパネルを備えた屋根は、雷の誘因について多くの疑問を引き起こします。この記事では、この質問に対する答えを明らかにします!

雷の現象を理解する

そこには 稲妻 雷雨の際に起こる自然放電です。通常、最も高い場所や、樹木、建物、金属インフラストラクチャーなどの導電性の高い物体に影響を与えます。

ソーラーパネルの特性

太陽光パネルの設置によって建物の高さや輪郭が大きく変わることはありません

ソーラーパネル 主に半導体であるシリコンでできており、特殊なガラスで覆われています。これらの材料は、屋根建設に使用される他の従来の材料と比較して、雷に対して特に魅力的ではありません。

身長と高点の影響

建物の高さ、または屋根上の高い要素 (アンテナなど) の存在により、落雷の危険が高まる可能性があります。ただし、ソーラーパネルを設置しても、目立つように設置されない限り、この高さや屋根の形状は大きく変わりません。

雷保護システム

嵐の空の屋上にある避雷針のクローズアップ

リスクを最小限に抑えるために、 避雷針 および適切な接地システム。これらの装置は、雷による過負荷から建物とその電気設備を保護するように設計されています。

研究と統計

ソーラーパネルを備えた屋根での落雷のリスクを評価するために、いくつかの研究が実施されています。これらの研究は、ソーラーパネルのない屋根と比較して、リスクの大幅な増加がないことを示しています。

専門家の推奨事項

専門家がソーラーパネルフレームの適切な接地についてアドバイス

電気および太陽光発電の専門家は、次のような設置のベストプラクティスをアドバイスしています。

  • 適切に接地されたパネルの金属フレームとサポートを使用してください。
  • サージ保護装置を設置してください。
  • 現在の電気安全基準に厳密に従ってください。

結論として、ソーラーパネルを備えた屋根は、他の屋根と比べて落雷の危険性が低いということはありません。適切な保護措置を講じることで、施設や建物の安全を確保できます。

ソース: www.wcnc.com

Vous aimerez aussi :

再生可能エネルギーコミュニティへの奨励金へのアクセス申請は明日から提出可能

再生可能エネルギーコミュニティへの奨励金へのアクセス申請は明日から提出可能 4月…

ドイツにヨーロッパ最大のソーラーパークが開設

ドイツにヨーロッパ最大のソーラーパークが開設 ライプツィヒから南に約 30 キロ…

このファンで木材暖房の効率を向上させます。

ペレットストーブは家庭の暖房に広く使われています。経済的で環境に優しく、最適な快…

低所得世帯は太陽エネルギーを利用して仕事の資金をどのように賄えるのでしょうか?

低所得世帯は仕事の資金調達において経済的課題に直面していますが、太陽エネルギーは…

Partagez cet article :
A LIRE  1992 年にフランスで最初に開発されたソーラー パネルは、依然として初期電力の 79.5% を生成しています。これはどのようにして可能でしょうか?

Comments

Leave a comment

Your comment will be revised by the site if needed.